今年の大河ドラマは最初の頃は地味だったけど結局見てしまっています

今年の大河ドラマは最初の頃は地味だったけど結局見てしまっています

"ここ数年大河ドラマを見るようになって、今年の大河ドラマはあまり期待していませんでした。

 

V6の岡田くんとはいえ、題材が秀吉の軍師「黒田勘兵衛」とは地味なテーマだなと思っていたので、これはあまり面白くないのではと正直バカにしていました。

 

しかしなんだかんだいって日曜日の8時にはテレビの前でNHKにチャンネルを変え、大河ドラマを見ているという相変わらずの生活でした。

 

しかし、やはりみんなが知っている信長の本能寺の変から、秀吉の天下統一まで歴史上もっとも人気のある時代を描いているので、ちょっとばかりの知識でもずいぶん楽しめる内容になっていました。

 

私はもともと時代劇が好きで大河ドラマは欠かさず見る様にしているのですが、大河ドラマにはやはりキャスティングより題材によって視聴率も変わるのではと感じます。

 

何故なら一般的に知らない主役でもその時代背景をよく知られているストーリーならドラマも見やすいけれど、
去年の平清盛なんかは、人物像すらわからない人も多かったのであんなに視聴率が低迷してしまったのではないかと思われます。
それに時代が古いと取っつきにくい所もありますね。

 

平清盛でいえば同じ時代の有名な人物だったら源義経や源頼朝の方が視聴率は上がっていたのかもしれません。

 

どちらにしても今年の大河ドラマは今佳境を迎え、いよいよ勘兵衛の最後の仕事という場面ですので毎週が見逃せません。

 

もうあと数回でドラマも終わりを迎えます。

 

来年も毎週楽しみに見られるような大河ドラマを期待したいです。"